Q1:検査の時間はどれくらいかかりますか?

おひとりおひとりの眼の状態によりますが、約60分ほどのお時間を頂いております。

Q2:視力検査以外にどんな検査をされますか?

​一般的な検査、近視・遠視・乱視の測定も行ないますが、両眼視機能検査・視覚機能検査を主に行ないます。

米国式21項目検査・ポラテスト・ブロックストリングなど様々な検査を、その方都度に選んで行ないます。

「視力向上」ではなく、「視覚向上」を優先に行っていきます。また眼の使い方やクセといったものを検査データから汲み取り、見方の改善などに役立てていきます。

Q3:メガネ一式の予算はいくらくらいですか?検査料金などはかかりますか?

フレームやレンズによりますがメガネ一式の価格は以下の通りです。

(両眼視機能付きメガネ一式価格帯 目安)

遠くのみ・近くのみ:¥30000~50000-

遠近両用など   :¥40000~70000-

(両眼視機能付きレンズのみ価格)

遠くのみ・近くのみ:¥24000~

遠近両用など   :¥38000~

(検査料金)

メガネ購入時:無料

検査のみ  :¥3000~5000-

Q4:今使っているメガネのレンズだけ変えたい・他店購入でのフレームも使えますか?レンズ加工代金はおいくらですか?

今お使いのメガネにレンズ交換・他店購入のフレームでも可能です。但し、構造的に正しい度数効果が望めないデザインを重視し過ぎたフレームや、著しい劣化が見られる、強度的に難しいメガネフレームはお断りする場合もございます。

(加工料)

通常のフチ有りフレーム:無料

フチ無し・特殊フレーム:¥3000~5000-

Q5:視力は良いですが、パソコンなどの近くを見る仕事が多く「眼が疲れる」「肩こり」などに悩まされています。パソコン用のメガネはどんなものですか?


当店のパソコンメガネは一般的に言われているブルーライトカット効果だけのメガネとは違います。

遠くの視力の良い方ほど、近くをみることには大きな負担がかかります。眼には2種類の筋肉がありパソコンなどの近くを見る時に、その2種類の筋肉に大きな負担がかかります。パソコン用メガネとは「近くを見る」ことで起きる眼の筋肉への緊張(負担)を手助けする度数と仕組みを組み込んだメガネになります。視力保護・疲労軽減に役立ちます。お子さまからOLの方などさまざまな方にお使い頂きご好評を得ております。

*両眼視機能検査・視覚機能検査が必須となります。

 

Q6:コンタクトレンズを使用していますが、その上から掛けることも可能ですか?

 

可能です。但しコンタクトを装用した状態で最適になるように度数設定をします。コンタクトレンズを外した状態だと見え方は変わります。

Q7:貴店で作ったパソコン用メガネを掛けて視力が回復したという人がいますが本当ですか?

実際に近視が弱くなったなどの方は確かにいらっしゃいます。ただし、本質は近くをみることで眼に負荷がかかるのを軽減することが目的のメガネです。眼への負担や眼の筋肉への緊張が解けて遠くの見え方が良くなる方もございますが、劇的に視力が回復するわけでもありませんし、必ず視力が向上するわけでもございません。視力回復が目的のメガネではありません。あくまで眼の疲れを軽減することで起こる副産物のようなものです。

~ メ ガ ネ の 尾 沢 

(尾沢視覚研究センター)

 

〒441-3421 愛知県田原市田原町新町48-2  

 Tel 0531-22-0358  

E-Mail opt.038@icloud.com

営業時間 9:00~19:00(ご予約優先)

定休日 :火曜日

 

​各種クレジット ・ PayPay決済 可能

 

Copyright ⓒ optical shop ozawa

 

プライバシーポリシーについて