先進国などでは標準になりつつある波面収差測定を利用して・角膜形状・瞳孔径・瞳孔中心情報・角膜曲率を短時間で精密に測定することの出来る機器、角膜形状・屈折力解析装置「OPD-SCANⅢ」を導入いたしました。

(*同社からOPD-SCANⅢvsという眼鏡店向けに機能の削減をされた機種がございますがそれとは違います。解析プログラム等が違い別の機種といえます。当機器の導入は県内の眼鏡店でも初となります。)

従来の機器では知ることの出来ない角膜の形状・瞳孔径・角膜曲率などを精密に測定をすることで、今まで以上に多角的に近視・遠視・乱視といったメガネ度数を正確に測定することが出来ます。

また見づらさの原因になっている眼の高次収差、瞳孔径の違いによる見え方の評価なども出来るようになっており、従来とは異なるレベルの測定が可能となっています。

世界最先端・次世代型 測定機器

*Nidek社 opd-scanⅢ(Nidek社参考)      *opd-scanⅢ測定データ(Nidek社参考)

~​同じ視力であっても「見え方の質」が違えば、見え方も違う~

同じ視力値であっても個々で「見え方の質」というものは違います。

 

今までの測定では「視力」というシンプルな評価のみで語られることが多く、視力1.0や0.1等の単純な「視力の良い悪い」などが評価されるだけで、同じ視力であっても「見え方の質」の評価までは考慮されていません。

例えば1.0という視力を持つ人でも、一人一人が違う見え方の質を持っており、同じ視力であっても「見え方の質」は個々で全く異なります。

一般的な測定のほとんどが視力のみを主眼に置いた評価をするため「なんとなくスッキリ見えない」「薄暮・夜間時の見え方が悪い」という訴えに対し、『視力はでているので問題ありません』という対応をされてしまうケースがほとんどではないかと思います。

同じ視力であっても、同じような鮮明感を得ていたり、同じように色を感じたり、同じように光を受容しているということはありません。

個々が持つ「見え方の質」を解析することにより「より高解像度な視界」「薄暮・夜間時のコントラスト向上」「不快な見え方の軽減」を実現し、「説明が困難な見にくさ」をデータで可視化することが可能になります。

そして見え方の困難を可視化することは、訴えられる見え方の相互理解にも繋がり、且つ、見え方のお困り事を互いに共有できることで、今までとは違う別角度から見え方の改善を模索・提案することが出来ます。

瞳孔径の変化でコントラスト等が変化する方には機能性レンズなどで見え方向上のアプローチをしていきます。

​                   (*東海光学 参考)

(*Nidek社 参考)

~ メ ガ ネ の 尾 沢 

(尾沢視覚研究センター)

 

〒441-3421 愛知県田原市田原町新町48-2  

 Tel 0531-22-0358  

E-Mail opt.038@icloud.com

営業時間 9:00~19:00(ご予約優先)

定休日 :火曜日

 

​各種クレジット / PayPay / auPay  決済可能

 

Copyright ⓒ optical shop ozawa

 

プライバシーポリシーについて

 

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram