視力検査・両眼視機能検査 

「良く見える」だけでは不調」を起こしやすい・・・

2つの眼が調和している」か、無理していないかなど両眼視機能をお調べします。

 

私たちは情報の「約8割」 を 「見る」ことから得ており、生きていくための情報の大きな割合を眼からの情報に頼っています。

目の不調や疲れ・ストレスを感じられて相談に来店される方に多いのが、

近視でデスクワークをされる時・手元の細かな仕事をする時に過矯正となるメガネを使用している遠視でデスクワーク時にメガネなしで目をを酷使していることです。

 

 

逆に視力1.5や2.0という遠方視力に対するこだわりすぎて(裸眼・メガネ・コンタクト)でデスクワークや手元などの近い距離を見ている時に我慢をしてしまうと、眼の筋肉に非常に強い緊張がかかり、眼の疲れや頭痛、肩こりなどの原因になり、また近視の進行を引き起こします。

また「見る」ことは視力以外にも、眼球運動・ピント調節・両眼視などさまざまな要素が組み合わさっており、距離感や立体感や空間を把握する能力「視覚」という部分も大切になります。「視力」だけが突出しすぎると「視覚機能」に問題を起こしバランスを崩すこともあります。

​お一人お一人の眼の使い方や特徴はさまざまであり、これらの事を考慮した楽な見え方につながるメガネを作るためには、両眼視機能検査がとても大切になります。

​(視力測定・両眼視機能検査の流れ)

01 : ヒアリング・問診( hearing )

 

ご来店のきっかけや、眼鏡の使用環境など、お話をお聞かせください。

より良い眼鏡作りは、皆さまと私たちとの共同作業で成り立っていきます。

「どんなことでお困りなのか?」

「使っている眼鏡が見えにくくなった」 「使っている眼鏡がどうも疲れる」 「頭痛がする」
「ドライアイがある」 「疲れて集中できない」「肩こり・首こりが酷い」
どんな些細なことでもOKです。

一見、「視る」ことと関係なさそうでも、意外な関係があったりします。

また、現在のお体の状態などお答えづらいような部分もお聞きする場合がございます。

より良いメガネ作りに関係してきますので、極力お答えいただけると幸いです。

 

 

02 : 検 眼 ( vision test ) *検査時間 目安 :60分

 

米国式21項目 両眼視機能測定を軸に測定を行いますが、ドイツ式ポラテストなど様々な検査も行ないます。

目の使い方やクセといったご本人も気づかない部分を詳細に調べていき、本当の意味で最適なメガネ度数の決定を致します。また、あまり経験したことのないような様々な検査を行いますが、最適な度数を測定するためにとても大切になります。

また、ただ度数を決めるだけでなく最適な使い方や、眼の使い方のトレーニングの指示も同時にお一人お一人に行います。

*2020年度より世界最先端・​次世代型 測定機器を「OPD-SCANⅢ(角膜形状・屈折力解析装置)」を導入

(検査の基本的な流れ)

1、他覚的屈折検査

近視、遠視、乱視、角膜曲率を機械で測定

2、利き目テスト

見るのに得意な眼・使いやすい眼を測定

3、遠方・近方カバーテスト

眼の動きと眼位をチェックしていきます

4、眼球運動テスト

スムーズに眼の動かせるか?を確認していきます。

5、輻輳近点測定

両眼を内に寄せて見ることができる距離・力を測定

6、自覚的屈折検査

近視、遠視、乱視を測定

7、遠方眼位検査

遠方視で両眼の水平・上下方向に視線ズレがないかの測定

8、遠方融像幅検査

眼の内よせ力、開く力(開散力)を測定

9、近方眼位検査

近方視で両眼の水平・上下方向に視線ズレがないかの測定

10、近方融像幅検査

近くを見ている時の、眼の内寄せ力、開く力(開散力)を測定

11、 AC/A比の測定

​単位調節あたりの調節性の内寄せ量を測定します。

12、調節ラグ・近方実性・虚性相対調節の測定

調節系の測定をすることで両眼視に問題を抱えていないかなどを測定

13、立体視テスト

両眼で奥行きを感じられているか?立体感をどこまで得られるか?のテスト

14、装用テスト

実際に測定された度数を仮枠フレームにて見え方の確認をしていきます。

*その他、ブロックストリングスを使った両眼視検査・ポラテスト・瞬間視など適宜選定して行ないます。

*当店のプリズムメガネは「複視」でお悩みの方にも対応をしていますが、それ以外の方にも​「疲れ目への対策」として負担なく楽に見えるための設定も致します。

 

 

03 : レンズのご提案 ( lens choise )

 

 (レンズの選定) 

 検眼での結果をもとにレンズの選定をいたします。

 レンズメーカーは主にHOYA社・東海光学社のレンズを使用させて頂いております。

 あくまでメガネの命は“どのような度数で合わせるか?” “どのような仕組みを組み込むか?”です。

仮に同じレンズメーカーのレンズを使っていても見え方や感じ方は変わります。

 また遠近両用・中近メガネなどは各メーカーで設計が異なるため見え方や感じ方が変化しますのでテストレンズをご用意しておりますので、ご自身に合う設計・見え方に合わせて決めることも大切です。

また、基本2本のメガネを用途によって使い分けて頂くご提案をさせて頂いております。

①遠く用  ②近く用(*どなたにも基本必須です)

*御年齢・視る環境等でケースによっては片方のみご提案する場合もあります

 

視る環境の変化に伴い1つのメガネで全ての環境をカバーすることが難しくなってきています。

それに伴い眼の保護という観点も含めて上記のようなご提案を致しております。

04 : フィッティング ( fitting )

 

お選び頂いたメガネフレームを、快適にお使いいただけるように掛け具合の調整を行ないます。

 

 

 

05 : 加 工 

 

レンズをお取り寄せさせて頂き、丁寧に当店でレンズを削り枠入れを行ないます。

精度にこだわってお作り致しますので、約1週間程度のお日にちを頂いております。

(*お急ぎの場合は要相談下さい。特殊なレンズ・度数の場合は2週間頂くこともあります。ご容赦願います。)

 

 

06 : お受け取り 

 

ご来店の場合 

最終的なフィッティングの確認をおこない、見え方のチェック・見方の指導をしてお渡しさせて頂きます。

 

ご郵送の場合 

遠方からのご来店で、再度当店にお越しになるのが容易ではない方にはご郵送させて頂いております。

フィッティングの段階でより詳細な調整をおこない、万全に加工された状態でご発送いたしますのでご安心下さい。

 

( アフターフォロー・メンテナンス) 

 

*基本的にお渡し後1ヶ月後に定期チェックを行ないますので再度ご来店をお願い致しております。強制ではございませんが、その後の使用状況と眼の使い方の改善が見られているか?を確認させて頂いております。

 

当店でお作り頂いたメガネは個人差はありますが最低でも2週間ほどは違和感がある場合があります。

最初は違和感から疲れるなどの症状が現れることがありますが、長年におよぶ、ご自身の眼の使い方を改善するにはお時間がかかることがございます。

新しいメガネに関しまして

不安に思うこと、悩まれること、疑問に思うことがあれば必ずご相談ください。

当店でご購入いただきました眼鏡は、メンテナンスを無料で行っています。

クリーニング・掛け具合の再調整は、お気軽にご連絡ください。

 ( 検 査 料 金 )

当店でメガネ作製の場合 : 無料

両眼視機能検査含む詳細な検査のみ (1時間程度) : ¥5.500(税込) 18歳未満の方:¥3.300(税込)

(*当店で測定した度数を他店で使用させて欲しいというご依頼は原則お断りしております。)

 

~ メ ガ ネ の 尾 沢 

(尾沢視覚研究センター)

 

〒441-3421 愛知県田原市田原町新町48-2  

 Tel 0531-22-0358  

E-Mail opt.038@icloud.com

営業時間 9:00~19:00(ご予約優先)

定休日 :火曜日

 

​各種クレジット / PayPay / auPay  決済可能

 

Copyright ⓒ optical shop ozawa

 

プライバシーポリシーについて

 

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram