• メガネの尾沢(尾沢視覚研究センター)

片眼を手で隠して読書や勉強をしていた結果→片眼の視力が落ちる


学校の身体測定で視力検査を行なわれていく時期です。

今回は、机に向かっての勉強や読書の時に両眼で見るとボヤたり・見づらいということで、片眼を手で隠して片方の眼だけで見ていたことによって片眼の視力だけが落ちたというお子さんのケースです。

今回測定した結果、輻輳不全気味(寄り眼のが苦手)のお子さんで特に近くを見る時に両眼を揃えて見ることを苦手にしていました。

ですから長い時間近くを見ていると苦手な寄り眼をしていることに耐えられなくなり、左右の視線が揃わずにブレることで見づらくなったりしたために本人もおかしいな?と感じていたようです。(でもこの時点では視力は良かったために特に問題なしと言われていたのでそんなモノか?とも思っていたようです。)

ただ見づらいので自分で色々工夫しているうちに片目を手で隠すと見えるようになることに気づいたらしく勉強時や読書をなどをしている時は最近は片目を隠して見ていたようです。(因みに利目が右眼なので必ず左眼を手で隠していた。視力が落ちたのは右眼です)

その結果、手で隠していた眼は使われ無い状態になって、手で隠してない方の眼だけをいつも使っている状態になり、片眼だけ酷使されてしまい視力が落ちてしまいました。

幸いまだそれほど大きな左右差は起きていなかったので、今の段階で対処をしておけば左右の度数差がこれ以上広がらないように対応することが出来ます。また早ければ早いほど効果としては高くなります。

今回のケースでの問題は、輻輳不全があることで近くを見ている時にブレて見えたり・見づらくなることが大きな原因です。

ただ単に遠くを見えるようにする近視のメガネだけではなく、近方視を見る時の寄り眼を助けるメガネを併用し、そしてビジョントレーニングも取り入れながら輻輳不全の改善を図っていかないと、また同じ事が起きる可能性が高くなります。

またメガネを併用しながら下記のことにも気を付けてもらうことにしました。

①片方の眼を隠して見ることはやめること・まっすぐの姿勢で両眼で見ること→片眼の視力だけ悪くなります。また両眼視の機能ももっと落ち込んでしまいモノが2つに見えたり全く片方の眼を使わなくなってきたりすることが起きたりする。

②ビジョントレーニングを行う→輻輳不全でしたので寄り眼の力を改善する事、また眼球運動のスムーズさも影響が出ていたので改善させるため、両眼を揃えて見ることを覚えさせるために行なってもらいます。

③長い時間近くを見た時には適度に休憩をいれる→もともと人間の眼は近くを見ることが苦手なので適度に休憩をして、また休憩中はなるべく遠くを眺めて眼を休めるように努めてもらいます。

今回の場合は、視力という側面だけで見ていくと片方の眼だけに近視の度数を入れたメガネをかけて終わりになってしまいますが、その子がどのようにして眼を使っているのか?というのをしっかりと聞くこと、また両眼視機能検査などを行なうことで総合的な判断をしていくことで何が原因であるのか?を見極めてあげることが大切です。

悪い眼の使い方や視機能面での問題があれば早目にアプローチをすることで偏った視力の進行などを防ぐこと緩和することにつながって行きます。早ければ早いほど、改善度も高くなり、またその期間も短くてすみます。

メガネの尾沢(尾沢視覚研究センター)

住所:愛知県田原市田原町新町48-2 Tel : 0531 - 22 - 0358 営業時間:9:00~ 19:00 火曜日定休

#子どもの視力 #眼について

224回の閲覧

~ メ ガ ネ の 尾 沢 

(尾沢視覚研究センター)

 

〒441-3421 愛知県田原市田原町新町48-2  

 Tel 0531-22-0358  

E-Mail opt.038@icloud.com

営業時間 9:00~19:00(ご予約優先)

定休日 :火曜日

 

​各種クレジット / PayPay / auPay  決済可能

 

Copyright ⓒ optical shop ozawa

 

プライバシーポリシーについて

 

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram