両眼開放屈折検査

通常はメガネ度数を測定する際に、片目を閉じた状態で順番に測定をすることが、ほとんどだと思います。

 

 

両眼開放屈折検査という検査があり、片目を隠さずに両眼で見ながら近視・遠視・乱視を測定する方法があります。

 

これは人間は日常的には両目で見ていますので、片眼視させると無意識に調節機能が働いてしまうので調節が介入してしまい正しい度数がでずらいのを、両眼開放状態で測定することで調節の介入を極力回避し、正しい度数を測定するという検査方法です。

 

全ての方に有効なのですが、特にお子さんや、過剰に調節が働きそうな方にはとても有効です。反面コントロールも難しい面がありますので経験も必要になります。

 

ただ誤解をして欲しくないのは、両眼開放屈折検査をすれば全ての方が調節が関与しない状態で正しい検査できるか?というとそうでもありません。

 

単に両眼開放状態にしてしまうと、かえって調節機能が働いてしまう人がいますのでケースバイケースで選択をしていくことも大切です。

 

個人的には、両眼開放状態だろうと単眼検査だろうと検査する側の意識がどこまで調節に対して慎重に注意を払えるか?というのが根本的に最も大切だと思います。

 

いくら素晴らしい検査法でも、検査する側がどういった見解を持っているのか?によって出てくる測定値は違いますし、必ずしも良い結果がでるとも限りません。

 

また「眼開放屈折検査はしますか?」という問い合わせを受けるのですが、基本的には「出来ますよ」と答えるのですが、この検査をすれば正しい度数が得られると思われている方や、「他の検査はいいです」とおっしゃられる方がおられます。

 

あくまで検査法というのは1つの手段であり、「視る」こととは視覚機能の総合判断で決めることが大切になります。

 

様々な検査をすることで、初めて「両眼開放屈折検査」の数値が生かされるという事を知って欲しいと思います。

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

スマホと本を読んでいる時の調節力の差から現代人の眼の負担の大きさを考える

March 29, 2018

1/2
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ