デスクワーク‼終業時刻には眼が疲れて本当に作業が困難になる‼30代前半の男性

しばらく放置していました・・・すみません(^_^;)

メガネの尾沢です。

 

30代前半の男性 デスクワークを主にしている方で午後を過ぎると眼が疲れて本当に仕事が困難になってしまう・・・という方です。

 

肩こりや偏頭痛というような症状は無いものの(おそらく慢性疲労になって分からなくなっている可能性高い)午後を過ぎると眼が疲れてきて仕事をしているのが辛い・ミスも起こしやすくなってしまったためにご来店されました。

 

今回実際に測定をすると・・・

現在のメガネ度数が近視4段階ほど強いことがわかりました

また近方では、やや大きな外斜位も測定されました。

 

現在使っているメガネで近方視を測定すると30代前半ではあり得ないような低い数値になってしまっていました。

 

必要以上に強い度数のメガネを掛けているので、遠くを見ている時でさえも常に負荷がかかっており、近くを見た時には尚更もっと大きな負荷がかかりますので、あっという間に眼の負荷が限界を超えてしまうので当たり前なのですが・・・

 

近く専用との2本持ちというのも考慮したのですが、予算的に難しいということで、今回はとりあえず現在のメガネをなるべくなら掛けていてほしくないので、日常用の度数を弱めて更に調節サポート機能と両眼視機能をサポートする度数に変更致しました。

 

実際に、このメガネ度数で近方の測定数値も正常範囲内に落ち着く、本人の自覚としても楽に手元が見えるということでしたので効果はあるでしょう‼

 

どうにも追いつかない場合は「近用メガネを作りましょう」と言うことに落ち着きました。

 

また今回、乱視度数の大きな進行も確認できましたが、角膜測定値の値と一致しないために少しだけ強くする程度にとどめておきました。

 

これは非常に難しいのですがアメリカ式の測定をする方々からすると?な設定の仕方なんでしょうが(私の基本はアメリカ式ですが(^_^;))教えて頂いた先生と自分の測定実績値からもこれがベストであると思います。(企業秘密)

 

このメガネを使っていけば現在の症状は大きく改善すると思います‼少しでも皆さんに役立てれば幸いです♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メガネの尾沢(尾沢視覚研究センター)

 

住所:愛知県田原市田原町新町48-2
Tel : 0531 - 22 - 0358
営業時間:9:00~ 19:00
火曜日定休

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

スマホと本を読んでいる時の調節力の差から現代人の眼の負担の大きさを考える

March 29, 2018

1/2
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ