上下斜位のある人は瞼(まぶた)が下がりやすい・・・

こんにちわ メガネの尾沢です。

 

上下の視線のズレ「上下斜位」のある人は瞼(まぶた)が下がりやすい傾向にあると感じています。

 

全ての方が該当するわけではありませんが、かなりの確率で

 

元々、人間の眼は眼球の上下動を苦手にしています。

 

上下斜位のある方は視線の修正のために常に苦手な眼の動きを強いられるので、日常的に眼への負担が大きくなる傾向にあります。

 

日常の負担の積み重ねのせいか、瞼が下がってくる傾向があるようです、(特に左右に差が起きたりする起こりやすい)

 

また、こういった方が、眼に強い負担をかけるような、特に長い時間の近方視を強いられるような作業を行なうと、眼の疲れや、不規則な近視度数の進行・乱視の増大・肩こり・偏頭痛などの症状も強く現れる傾向にあります。

 

適正なメガネを掛けることで、屈折矯正・視線ズレの修正・調節力の負担を軽減してあげることで眼の負担を軽減をすると初期の段階であれば改善する傾向にあります。

 

「視力が良いこと」が「眼が良いこと」ではありません。

気をつけましょう‼

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メガネの尾沢(尾沢視覚研究センター)

 

住所:愛知県田原市田原町新町48-2
Tel : 0531 - 22 - 0358
営業時間:9:00~ 19:00
火曜日定休

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

スマホと本を読んでいる時の調節力の差から現代人の眼の負担の大きさを考える

March 29, 2018

1/2
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ