偏光サングラスは最強のサングラスレンズ‼

愛知県田原市の両眼視機能検査・視覚機能検査をおこなうメガネ店・メガネの尾沢です。

 

サングラスであればどれも同じのように思われるかもしれませんが実は違います。

 

「度数が入っていないのに見え方が違う気がする」と言われる方がいるように、実はレンズの素材や種類によって度数が入っていなくても見え方は違ってきます。

 

特に安価で売られているサングラスは光学的な基準でいうと一段落ちる「ファッショングラス」という表記になっています。

レンズの素材もアクリルなどになり、眼に見えない歪みがレンズに入っていたりするので、敏感な方では見え方が違って見えたり、疲れたりすることがあります。

 

 

また色の濃すぎるサングラスは瞳孔が開いてしまうので、サングラスの脇から眼に入る紫外線に対して良くないと言われています。

サングラスとして濃度が75%超えるとかなり濃い色の部類になりますので気をつけましょう。

 

ただ反面、色が薄くなると眩しさを防ぐ効果は軽減してしまいますので難しい所なのですが、その問題をクリアしてくれるのが偏光サングラスレンズです。

 

偏光サングラスの良い所は、地面からの照り返しや、乱反射する光を効果的にカットする特殊な効果があるので、同じ濃度のレンズでもスッキリと見える感じが全く違ってきます。

 

「百聞は一見にしかず」ですのでサンプルのレンズで確認して頂くのが一番実感できると思います。

 

特にHOYAのポラテックシリーズや、コンベックスズなどは、濃度が薄いながらも反射光を抑える偏光カット率も高く、また眼に見える色ムラも起こらないとかなり優秀です。

(*粗悪な偏光レンズは濃度も濃くなり、また歪みが入っていて気持ち悪くなるなどを起こしたりしますので注意が必要)

 

特に眩しさを感じる方や、スポーツでパフォーマンスを求める方。釣りや海に出かけることが多い方、何かサングラスでしっくりこないという人はぜひ一度試してみて頂きたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メガネの尾沢(尾沢視覚研究センター)

 

住所:愛知県田原市田原町新町48-2
Tel : 0531 - 22 - 0358
営業時間:9:00~ 19:00
火曜日定休

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

スマホと本を読んでいる時の調節力の差から現代人の眼の負担の大きさを考える

March 29, 2018

1/2
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ