遠視・乱視・内斜位で眠れなくなる・・・

メガネを掛けはじめてから不眠と体調が改善をしたというケースです。

 

この方は一時期、原因不明の疲れやストレスで、眠れなくなり、また不眠の倦怠感から精神的にも少し不安定になってしまった時期があったそうです。

 

様々な病院にいって調べたけれど特に異常はなく「ストレスと疲労ですね」と言われるばかりで、どうしたら良いのか?分からず、最後に眼科さんに行かれた時に「遠視と乱視があるからメガネを掛けてみて下さい」という一言で半信半疑ながらもメガネを作ったらピタッと症状が緩和されたということでした。

 

この方は軽度の遠視・乱視があり、眼位は内斜位がありましたが、とても強い度数というわけでもなく眼位のズレもそれほど大きくない方でした。ただ遠視度数と乱視度数があることで少しずつ眼に負担がかかっており、それが蓄積されることで体調の不良にもつながっていたのかもしれません。

 

この眼科医さんの診立ても素晴らしいというのもあるのですが軽度の度数であっても、こういった事例につながるということを改めて勉強させて頂きました。

 

今回は少しオシャレなメガネにしたいという、度数が少し変わってきたような気がするので見て欲しいということでご来店されました。

 

検査の結果としては、遠視度数をもう少し強くした方が良いのと、眼位の修正を少し織り交ぜて、もう少し眼の負担・ストレスを減らしてあげるとより過ごしやすくなるのではないかと思います。

 

全ての方が当てはまるとは言えませんが、軽微な度数でも眼からのストレスや負担というものが体調の不調を引き起こす原因になるということを改めて実感させられました。

 

 

 

メガネの尾沢(尾沢視覚研究センター)

 

住所:愛知県田原市田原町新町48-2
Tel : 0531 - 22 - 0358
営業時間:9:00~ 19:00
火曜日定休

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

スマホと本を読んでいる時の調節力の差から現代人の眼の負担の大きさを考える

March 29, 2018

1/2
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ