眼が疲れてどうにも耐えられない・・・

30代前半の方で、一日の内にほぼパソコンの前で作業をしているということで眼が疲れてしょうがないとのご相談でした。

 

また眼の疲れ以外にも肩こり・頭痛・酷くなると目眩がする時もあるそうです。

 

 

測定をしてみると・・・

 

軽い近視と乱視(厳密には遠視が疑われる)

 

眼位に関しても遠方・近方ともに内斜位

 

こういったパターンの方は過剰な近方視作業で眼を酷使しすぎて、ピント調節寄り眼運動によって眼の筋肉が固まって過緊張状態になっている場合が多く見られます。

 

 

まずは最優先として眼の筋肉を緩める・負担を減らすようにデスクワーク用のメガネを作って頂きました。

 

 

眼の筋肉が過剰に緊張している状態なので、度数調整で眼の筋肉に負荷がかかりづらいように調整をしてあげれば緩和をしていきます。

 

ただ最初は違和感を強く感じたようですが、しばらく我慢して使っていくうちに慣れてきてたら、かなり疲れ眼が軽減されたとご報告いただきました。

(かなり眼に力を込めるように緊張している状態がクセのようになっていましたので、それをいきなり改善させようとすると慣れるまで戸惑いますので最初に違和感を強く感じることは予測でていました。事前にそれでも「少し頑張ってみて下さい。」とお伝えし、更に違和感の緩和の仕方もお伝えしました。)

 

また眼位も少し開くような改善の傾向も見せていました。

 

その他にも適度に眼の休憩をはさむこと、休憩時間はなるべくスマホなどを見るのではなく少し遠くを眺めるようにしてい頂くことも大切です。

 

*デスクワーク用・近く専用のメガネはブルーライトだけをカットすれば良いというわけではありません。ブルーライトカット効果だけではさして疲労軽減の効果は薄いです。両眼視機能検査などを行ない、ピント調節+眼球運動そのものの負担を減らす度数調整が大切です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メガネの尾沢(尾沢視覚研究センター)

愛知県田原市田原町新町48-2
Tel : 0531 - 22 - 0358
営業時間:9:00~ 19:00
火曜日定休

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

スマホと本を読んでいる時の調節力の差から現代人の眼の負担の大きさを考える

March 29, 2018

1/2
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ