検査機器をマニュアル式にこだわる理由

メガネの度数測定・両眼視機能検査を行なうための機器「フォロプター」という機器です。

 

実は以前は自動式の機器を使っていたのですが、この機器をマニュアル式(手動)に変えました。

 

自動式は便利な部分もあるのですが、反面、微妙な動きが出来ないのでより両眼視機能の精度を高めたいと思った時に足踏みしてしまう部分があるからです。

 

自動式もコツをつかんで頭の中で数値の補正をすれば対応できるのですが、元々マニュアル式の操作やデータ数値の現れ方がバックボーンに補正している感じだったのでそれなら自動式である必要性はないかな?ということです。

 

おかげで測定だけに集中できるので、特に両眼視機能測定を行う上で測定数値の精度とスピードも格段に上がりました。

 

また微妙に測定スピードを変化させつつ、どのように眼の動きを対応させてくるのか?など細かな部分にも配慮ができます。

 

両眼視機能検査にこだわるのであればマニュアル式フォロプターの方が優位だと思います。

 

その他の機器は最新式のモノが非常に優秀だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メガネの尾沢(尾沢視覚研究センター)

 

住所:愛知県田原市田原町新町48-2
Tel : 0531 - 22 - 0358
営業時間:9:00~ 19:00
火曜日定休

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

スマホと本を読んでいる時の調節力の差から現代人の眼の負担の大きさを考える

March 29, 2018

1/2
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ