• Tomohiro Ozawa

見え方が変化したことの原因を探っていくのが両眼視機能検査です。

視線のズレを探してプリズム度数を入れるのが両眼視機能ではありません。


「何故そのような度数になったのか?」という原因を探っていくことが、両眼視機能検査であり、如何に現在の眼の負担を減らすように度数設定をするのか?が大切になっていきます。


また「視力が良いことが、眼が良いではない‼」という事も知って欲しいです。


「視力が良いことが、逆に眼の負担につながり不調の原因につながる‼」そういった事もあります。


「眼に関する・視力に関する常識」は、大きく間違っていることが多々あります。

気をつけましょう‼




4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ありがとう本日を持ちまして2021年度の営業は終了とさせて致します。 本年は、田原市内の方だけでなく、市外・愛知県外からもお越し頂けたりと大変ありがたい気持ちでいっぱいでございます。誠にありがとうございます。 反面、皆様の期待に応えるべく今後はより一層と自らをアップデートしていかなければいけないという責任を感じており、来年に向けて今まで以上に様々な取り組みをしていきたいと考えております。 まだまだ

日頃より当店をご愛顧頂きありがとうございます。 年末年始の営業についてお知らせいたします。 休業日:12/31~1/4 年内の営業は12/30までとなりますので、よろしくお願い申し上げます。 〜来店予約について〜 【電話予約】 営業日の 10:00〜18:00 の時間でお受けしております。 検眼中などは電話に出られないこともございますのでご了承下さいませ。 ご来店希望日の当日または前日にご連絡いた