top of page
  • 執筆者の写真Tomohiro Ozawa

老眼鏡を最高に見やすくするチューンナップ

更新日:2023年11月6日

「しっかりと度数合わせをしたはずなのに見づらい・・・」


そういった方々の多くは「見え方の質低下」を起こしており、特にコントラス感度が低下をしている場合が多いです。


コントラスト感度が低下をしてくると、下記のような「背景と文字の色の濃さ」が曖昧になってくる・薄くなると見分けることが難しくなってきて「見づらさ」へとつながっています。

*視力1.0あってもコントラストが薄くなった時に視力・見え方が大きく低下することを「見え方の質低下」と呼んでいます。見え方の質が低下をしていると夕方・夜間時などの薄暗い状況や、眩しいくらいの強い光源下などで「視力低下」の影響を強く受けます。



コントラスト感度が低下する原因の多くは、眼内で光が拡散をしてフレアのような現象を起こしてしまっており「滲んで見える」ような見づらさの原因になります。


今回、測定させて頂いたお客様も当店のOPD-SCAN3という機器でコントラスト感度の低下をデータ上でも示されていました。(これが分かるのが波面収差測定機器のメリットです。)


原因が分かれば対応策を施していき、どの程度見やすさが向上をするのか?を探っていくことが可能です。


今回は、しっかりと老眼度数を合わせた上で、ごく薄い濃度の特殊なカラーレンズを使い、眼内でフレアを起こしやすい光のみをカットするレンズを使用させて頂きました


実際に、このカラーレンズのデモレンズを通して見て頂いたとろ、「文字が鮮明に見えて、また明るく見える」という反応を頂けました。


老眼鏡だからレンズに色を入れると室内や近くの文字などは暗くなるので見づらくなるのでは?カラーなんて必要ないのでは?・・・と思われがちですが


適切なカラーを選べば、見え方の滲みが軽減され「見え方を向上」してくれます。



最後に気を付けて頂きたいのは、闇雲にレンズにどんなカラーを入れてもよいわけではありません。


しっかりと、そのカラーの「分光透過率」というのを把握した上で「どのような色が有効であるのか?」を理解した上で選択をしていく必要があると言うことです。


このような問題を抱えている方がいらっしゃいましたらお気軽にご相談ください。




〜来店予約について〜

【電話予約】 営業日の 10:00〜18:00 の時間でお受けしております。 検眼中などは電話に出られないこともございますのでご了承下さいませ。 ご来店希望日の当日または前日にご連絡いただく場合は必ず【電話予約】でお願いいたします。

メガネの尾沢Tel : 0531 - 22 - 0358

【メール予約】 メールでのご予約は当ホームページ内にある「お問い合わせ」フォームからお受けしております。必要事項を入力していただいて送信してください。 送っていただいたメールの確認ができましたら返信させていただきます。 眼鏡ご購入のご相談の際に視力検査をご希望される場合は明記していただけると幸いです。


メガネの尾沢(尾沢視覚研究センター)

住所:愛知県田原市田原町新町48-2

Tel : 0531 - 22 - 0358 営業時間:9:00~ 19:00

火曜日定休



閲覧数:23回0件のコメント

Comentarios


bottom of page