top of page
  • 執筆者の写真Tomohiro Ozawa

モノが2つに見える「複視」を解消する特注プリズムメガネ

更新日:5月6日

日常でモノが2つに見えてしまう症状を「複視」といいます。

複視は、常に2つに見えてしまうので日常生活においても、かなり困難さを抱えます。


目の前の全てのモノが2つに見えてしまうので、どちらが本当なのか?など混乱してしまうので日常生活でも支障をきたしていきます。


全てではありませんが「複視」は、プリズムメガネを使用することで改善・緩和出来ます。


今回のお客様は脳梗塞の後遺症で眼球運動に問題が出てしまい複視の症状が出ていました。

日常でも常に2つに見えてしまうので、片目を閉じたり、隠したりして何とか過ごされていたそうです。(医療機関からの測定依頼です。)


幸い下記のプリズム度数を組み込めば遠方も近方も複視が解消されましたのでお作りさせて頂きました。


右:9.53 Base 175°

左:9.53 Base 355°



かなり強度のプリズム度数となり通常製作範囲を超えますので対応して頂けるレンズメーカーも限られてきます。また仕上がっても思うような度数に仕上がりきらないケースもあります。


そこで、今回、ドイツ式両眼視機能検査の本場でもあり、プリズムメガネ作製にも定評のあるドイツのメーカー「Zeiss社」のレンズでお作りさせて頂きました。


Zeiss社のレンズは内面自由曲面設計(無限軸内面非球面)で、レンズ面を40000ポイント近く細分化して補正をし、且つ、とても高い精度でレンズ切削を行ってくれますので強度数や、プリズムレンズを組み込む際にも高い精度を得られます。


実際に届いたレンズに関してもコチラでレンズメーターで測定をしてもしっかりと安定した度数が出てくれていました。ありがたいですね。


お渡しさせて頂きました際も、複視が解消され、且つ、とてもクリアに見えることに大変お喜び頂けました。


何度も感謝のお言葉を頂きコチラが恐縮ほどではありましたが、何よりお役に立てることが出来たことで、お客様の顔に笑顔が戻られることが私たちにとって一番嬉しく思う瞬間です。


正直に言えば、全ての方に対応を出来るわけではありませんが、複視に関して悩まれている方で「プリズムメガネ」について知らないなどの方は一度ご相談を頂ければと思います。


でも少しでも皆様の見え方に対応できるように日々精進をしておりますので、見え方でお困りの方がおられましたら一度ご相談を頂ければと思います。






当店では、最新の測定解析装置を使い、通常の測定では分からない見づらさの原因なども探り、尚且つ、ドイツ式・米国式と両方の「両眼視機能検査」で見る機能を詳細に測定をしていきます。何処に行っても原因が分からない見え方でお困りの方は是非ご相談いただければと思います。またより正確なメガネをお作りしたいとご希望の方もご相談ください。


このような情報が、少しでも皆様のお力添えになれば幸いです。


〜ご来店予約について〜

【電話予約】 営業日の 10:00〜18:00 の時間でお受けしております。 検眼中などは電話に出られないこともございますのでご了承下さいませ。 ご来店希望日の当日または前日にご連絡いただく場合は必ず【電話予約】でお願いいたします。

メガネの尾沢Tel : 0531 - 22 - 0358


「夜間の見え方を完全再現する特別測定」をご希望の方へ

夜間の見づらさに困られていらっしゃる方で、完全暗室でより正確に測定をご希望の方は時間外営業時間の「19:00~21:00」の時間帯での特別測定も承ります。お日にちでご希望に添えないことなどありますので必ず事前の予約をお願い致します。

また時間外測定料金として眼鏡作製時でも¥3300-を別途頂きますのでご理解お願い申し上げます。

 

【メール予約】 メールでのご予約は当ホームページ内にある「お問い合わせ」フォームからお受けしております。必要事項を入力していただいて送信してください。 送っていただいたメールの確認ができましたら返信させていただきます。 眼鏡ご購入のご相談の際に視力検査をご希望される場合は明記していただけると幸いです。


 

 

メガネの尾沢(尾沢視覚研究センター)

 

住所:愛知県田原市田原町新町48-2 

Tel : 0531 - 22 - 0358

 営業時間:9:00~ 19:00

定休日:火曜日・第4日曜日



閲覧数:3回0件のコメント

Comments


bottom of page