( 眼 精 疲 労 軽 減 メ ガ ネ )

​ 最近はスマホやタブレット・パソコン・携帯ゲームなどの普及により眼精疲労を訴える方々が増加しています。眼精疲労が酷くなると肩こりや首こり・偏頭痛など体の不調につながるケースがあります。

眼精疲労の原因とは何でしょうか?

人は「視る」時に眼の筋肉を働かせていますので、眼精疲労は「視る」ことで発生する眼の筋肉への過剰な負担・ストレスをかけていることが原因です。

特に近くの文字などを見続けることは眼の筋肉にはとても大きな負担がかかります。

 

近くを見る時に主にf負担がかかる眼の筋肉は2種類あります。

①調節(ピントを合わせる)

近くの文字やモノを見る時にピントを合せるために眼球の中にある水晶体レンズをふくらませるために毛様体筋に負担がかかります。

​*視力が1.5や2.0といった良い人ほど負担が大きくなる

②輻輳(両眼を内に寄せる)

人は左右2つの眼があり、この2つの眼の向きを常に揃えてモノをとらえています。特に近くを見る時は寄り眼になりますので眼を内側に寄せるために眼球を動かす外眼筋に負担がかかります。

この2種類の筋肉を長時間働かせることで眼の筋肉の疲労になっていき、眼精疲労につながっていきます。

また特に視力1.0以上の遠くが良く見える眼(遠視)や、同じく視力が1.0以上のメガネ・コンタクトレンズをしている方ほど眼の負担は大きくなります。

 

近くを視る → 眼の筋肉が働く → 眼の筋肉疲労 → 眼精疲労 → 肩こりや体の不調へ

 

眼精疲労を軽減するには、メガネに2種類の眼の筋肉の負担を減らす仕組みをメガネレンズ度数に組み込むことで眼精疲労の原因を直接減らしていきます。

デスクワークや近くを見る作業で、眼精疲労で悩まれている方で、ブルーライトカットメガネや目薬をさしても一向に楽にならない方がいらっしゃいましたら、これら眼の筋肉の負担を減らすメガネを使えば疲労緩和につながります。

 

 

( 眼精疲労軽減メガネの仕組み )

 

①調節筋(毛様体筋)の負担を減らす度数設定

 

②寄り眼で起こる眼を動かす筋肉(外眼筋)の負担を減らす(プリズム)

( ド ラ イ ア イ  に つ い て )

 近年はドライアイで眼の不快感や疲労感を訴える人も増加しています。

ドライアイの原因は、涙が出づらく・乾きやすいためと言われています。涙の質の低下など様々な要因がありますが涙が出にくいのは「現象」であって「原因」ではありません。

まばたきを増やしたり、目薬をさしたりするのも、症状を軽減する対処法のひとつではありますが、根本の解決ではありません。

特に、「まばたき」に関しては、したくても出来ない・しづらいというケースもあります。

多くの人は、まばたきをするたびに集中力が途切れます。左右ふたつの眼を、ひとつの目標に向けることで集中が保たれるのですが、まばたきの瞬間、両眼の向きが乱れ、それを整えるために集中をし直さなくてはいけなくなります。そのため、無意識に「まばたき」することを抑えて見つめ続けてしまうケースがあります。

実際に次のような体験をしていただき、下記のような症状がある方は「まばたきのしづらさ」からくるドライアイかもしれません。

本やパソコン・スマホなどの文字を見ながら「まばたき」をしてみて下さい。

眼を開いた瞬間に文字がブレたり、ボヤけたりといった症状がある方は「まばたき」をすることで起こる眼の向きの乱れやピントのズレで「まばたき」そのものがしづらい状態といえます。

まばたきによる乱れ → まばたきが抑えられる → 涙の循環ができない → 眼が乾く(ドライアイ)

眼精疲労軽減メガネには、眼の向きと・ピント両方を整える効果がありますので「まばたきのしづらさ」で起こっているドライアイのケースでは症状の緩和が期待できます。

~ メ ガ ネ の 尾 沢 

(尾沢視覚研究センター)

 

〒441-3421 愛知県田原市田原町新町48-2  

 Tel 0531-22-0358  

E-Mail opt.038@icloud.com

営業時間 9:00~19:00(ご予約優先)

定休日 :火曜日

 

​各種クレジット ・ PayPay決済 可能

 

Copyright ⓒ optical shop ozawa

 

プライバシーポリシーについて